banner

免許の処分

交通事故による免許の処分と慰謝料の償い

交通事故の加害者は、三つの法的な処分を受けることになります。被害者が直接関与するのは、損害賠償の示談交渉についてです。行政処分は、運転免許についての処分のことです。

起こした交通事故の過失の度合いにより、運転免許の停止や取消といった処罰を受けることになります。損害賠償や慰謝料は被害者に関わる法的な責任になります。交通事故により被害者が被った様々な損失を損害賠償金や慰謝料を支払うことで賠償する責任のことです。刑事処分は、起こした交通事故が物損事故のときには関与しませんが、人身事故のときに負うことになる処分になります。

交通事故によって被害者が怪我を負ったり亡くなったりした場合は、被害者自身や遺族により慰謝料を請求することができます。慰謝料は、被害者が事故により被った精神的な苦痛に加害者が謝罪の気持ちをお金で償うものです。加害者が起こした事故によって被害者が怪我を負い、治療に伴う精神的な苦痛に加害者が慰謝料を支払います。

慰謝料は人身事故のときだけに認められるもので、物損事故で買い替えられない物を壊されても精神的な苦痛が生じますが、物については損害賠償金を支払うことで被害者の苦痛は賠償されたと考えられます。
慰謝料を計算するときには、事故の状況によって考慮されますが、計算の方法については定型化、定額化されており被害者が死亡したときと後遺障害が残ったとき、傷害を負ったときによって、それぞれ基準が設定されています。

交通事故で怪我を負い被害者となったときにするべき事としては、意識がちゃんとしているときは、必ず加害者の車両と身元を確認しておきます。
加害者の免許証を提示させて必要事項をメモしておきます。
免許証を提示するのを拒む加害者もよくいるので、そのときは加害者の車のナンバープレートをメモするか、携帯電話のカメラ機能で撮影しておいたりして陸運局で照会して車の所有者などの詳しい情報を割り出します。

交通事故が起きたときは警察に通報する必要があります。
通報は法律で義務付けられています。
警察が現場を検証しない限り、保険金を請求するときに必要となる交通事故証明書を入手することができなくなります。
警察へ通報したら、自動車保険会社にも連絡する必要があります。

連絡できない時間帯とのきは、翌日にできるだけ早く連絡する必要があります。
加害者が自動車保険に加入していない場合でも、被害者が加入している保険から保険金が出ることがあります。
警察により交通事故の現場が検証されますが、それとは別に被害者自身でも交通事故の現場の状況を撮影しておく、後々役立ちます。

Copyright © 2017 交通事故の慰謝料を請求するのに必要な診断書 All Rights Reserved.