banner

後遺症を等級認定

交通事故の後遺症を等級認定表で等級認定し慰謝料を請求

後遺症とは、一般的に怪我をしたり、病気にかかったりして治療した後に残ってしまった器官などが正常な働きをしない機能障害や言語障害や運動障害などの神経症状をいいます。
一方後遺障害とは、医学的に交通事故に原因があるという事が証明されていて、労働能力が低下したり、喪失したりしている事も認められていて、その度合いが自賠責保険の等級に当てはまる障害の事です。

介護を要する後遺障害の自賠責保険の等級を決める等級認定表は、自賠法施行令別表第1という表で、介護を必要としない後遺障害の自賠責保険の等級を決める等級認定表は、自賠法施行令別表第2という表になります。

交通事故に遭って残ってしまった後遺症であったとしても、後遺障害の定義に該当しないときには後遺障害とは認められないことになります。
後遺障害と認められなければ、被害者は交通事故で残ってしまった後遺症について後遺障害慰謝料が請求できなくなってしまいます。
後遺障害等級は、保険会社に必要な書類などを送り、審査に通過する事によって認定されることになります。

必要な書類には、保険会社から書式を取り寄せ被害者が記入する自賠責保険支払請求書兼支払指図書や警察から発行される交通事故証明書、交通事故証明書に記載された事実をもとに被害者が作成する事故発生状況報告書、診察した病院から発行してもらうレセプトや診断書などがあります。
また、毎月病院から発行される後遺障害診断書も重要な書類になります。
そろえる書類も多く大変な手続きですが、後遺障害等級が認定されなければ後遺障害慰謝料が請求できなくなるため、大事な手続きです。

見た目やレントゲンやMRIの画像で客観的に判断できる後遺症だけでなく、見た目には判断できない痛みなどの後遺症が残っているときも、後遺症の症状を書面を使って証明して後遺障害等級を認定してもらう必要があります。
書面に後遺症を記載していないと、後遺障害等級認定の審査のときに、その後遺症は対象にならないことになります。
後遺症を記載しなかったり、検査したことを記入しなかったりと漏れがあると、請求できる後遺障害慰謝料が少なくなることがあります。

交通事故の後遺障害は、後遺症のある部位や症状の程度により一級から十四級までの等級と、百四十種類、三十五系列の後遺障害に分類されます。
この分類は、労災保険で障害認定をするときの基準と同じ内容です。
被害者が保険会社に提出した認定審査に使われる書類の内容を基準と照合して、後遺障害等級が認定されます。

Copyright © 2017 交通事故の慰謝料を請求するのに必要な診断書 All Rights Reserved.