banner

慰謝料を請求

交通事故のトラブルで確実に慰謝料を請求する

交通事故の示談交渉などに関しては、被害者側と加害者側で話し合いが難航することも珍しくありません。それをめぐって更なるトラブルが生じることも珍しくはないので、実際にそういう状況になった時にはすぐに弁護士に相談してしかるべき対処を取らなくてはいけません。交通事故に関する慰謝料請求では、一般的な民事上のトラブルと異なって被害者と加害者がお互いの言い分を言い合って議論するという形を取りません。何故かと言うと、加害者側の代表は加害者本人ではなく保険会社になってしまうからです。被害者側としては保険会社を納得させるだけの材料を揃えなくてはなりませんのでまずはその前提を知っておからしっかりと対策を練っていかなくてはなりません。

交通事故の慰謝料に関連するトラブルで最も多いのは、保険会社が提示する示談金の金額が少ないということです。保険会社の人間は交通事故に関する専門家であるため、実際の示談交渉であってもなるべく相場よりも低い金額で話をつけようと必ず被害者を説得してきます。そして、意外にもこうした説得に被害者が納得してしまうケースが多いのもまた事実です。なぜ相場よりも低い金額で納得してしまうのかというと、そうしないといつまでたっても交通事故に関連する慰謝料をもらうことが出来ないからです。交通事故の被害者は、自身の身体的なダメージの治療や自動車の修理をする際に多くの費用を支払うことになりますので、それを保証してくれるだけのお金を早く支払ってくれることを求めています。そのため、この部分につけこんで保険会社では相場を低くしてなるべく低い示談金で都合の良いように納得をさせようとしてくるわけです。

当然ですが、時間やお金にある程度の余裕がある人はこのような相手の誘いに乗る必要性はありません。相手から現状の相場という提示で示談金を示されたとしても、それを立証することが出来るものは客観的な証拠のみです。被害者側に加害者が責任を負うべき客観的な証拠が揃っているのならば、それを提示することで相手の言い分をすべて負かせることができます。

こうした示談交渉での心理戦や巧みな交渉術は保険会社であるのならばどの会社であっても使ってきます。相場よりも低い示談金であるということがわかってからトラブルになって弁護士に泣きついても遅いので、本来ならばそうなる前に速やかに弁護士に交渉の依頼をしておくことが非常に重要になるのです。

Copyright © 2017 交通事故の慰謝料を請求するのに必要な診断書 All Rights Reserved.