banner

一戸建てを中古住宅

神奈川県で一戸建てを中古住宅で手にいれる事のメリット

神奈川県で一戸建てを購入しようとした場合、中古住宅を購入するという方法もあります。新築ではなく、中古で購入することによって得られるメリットは、様々なものがあります。

まず、周囲の環境、立地条件などを確認するjことがしやすいということです。厚木で中古住宅を購入しようとした場合、周囲は一戸建てやマンションなどが既に建っているでしょう。そのため、近所にどのような人が住んでいるのかわかりやすいです。大きな分譲の場合など、区画全体が販売されるため、隣にどのような家が建つのか、どのような人が住むのか、全くわかりません。しかし、中古の一戸建てを購入する場合は、周辺の家や住人の様子を確かめることが出来るため、不安を解消することが出来るのです。

その他、外構に費用をかける必要がなくなります。外構は意外と費用がかかるもので、屋根付き駐車場をつくるだけで数十万円かかります。フェンスや門、アプローチなどもかなりかかるものです。手入れの行き届いた樹木などが植えられた庭になれば、より費用が必要になってきます。それらが初めからあるのであれば、費用をかける必要がないので、とてもコストダウンさせることが出来るのです。

また、新築よりも家自体安い値段で手にいれることが出来ます。もちろん、神奈川県にある住宅地の場所にもよりますが、築年数が経過した住宅であれば、ほとんど土地代だけになっていることもあるのです。

そのため、土地を買って一戸建てを建てるよりも安くなることがとても多いです。また、築年数の経過した一戸建てであっても、リノベーションを行って一新することが出来ますし、そのリノベーション費用を足してもコスト的には安くなったということもあるのです。

基礎や柱に問題がない一戸建てであれば、水回り、内装などを少しリフォームするだけで、新築同様にきれいな家になることがとても多いです。

そのため、最近では中古の一戸建てを手にいれて、リノベーションやリフォームをして住んでいる人がとても増えています。但し、そのためには、その家の設計図が必要となってきます。

築年数があまりに経過している家の場合、設計図がないこともあります。また、注文住宅であれば設計図は築年数が経過してもあるのですが、建売の場合はない可能性の方が高いのです。そのため、リノベーションやリフォームを前提として購入する時、必ず設計図があるのかどうか、確認しておくようにしましょう。”

Copyright © 2018 厚木で一戸建てを建てるときに知っておきべき重要事項 All Rights Reserved.